×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

作品19 商屋の奥座敷


今は寂しくなった商店街も昭和の昔はとても活気があってにぎやかで楽しかったものです。私の友達もサラリーマン家庭が多かった一方、八百屋や魚屋など商売をしている家も結構ありました。そんな商屋の奥座敷を作ってみました。おもての店に大人たちが出払って奥では子供だけが残され一見寂しそうにも見えますが実はそうではなかったようです。勉強々とうるさいお母さんやお父さんもお母さんにちょっときびしいおばあちゃんそしておじいちゃんも店ではニコニコ「いらっしゃいらっしゃい毎度」と満面の笑みで元気に働いています。その安心感に包まれて裏で羽を伸ばしていたようです
























                  TOPへもどる          作品一覧へもどる